簡易的

若いときにニキビが多いのはなぜ?

思春期にできるニキビは原因がはっきりしています。
それはホルモンバランスが乱れることにあります。
大人になる過程で、どうしても通らないといけない道ですので、だれもがこの時期を経験します。

しかし、あまりにひどい人になると、顔中が真っ赤になり、しかもそういうことに敏感な時期ですので、学校に行きたくないということにまでなりかねません。
こういった事態を少しでも和らげるためにできることがあります。
それが、肌を清潔に保つことです。

過剰に分泌される油がニキビの原因となりますので、できるだけ肌をきれいに保つことによってニキビをできにくくすることができます。
ですから、洗顔の仕方に気を付ける必要があります。
肌をこすらないように、刺激を与えないようにしっかりと泡立てた洗顔剤で優しく洗い上げていきます。

ニキビを無くしたいあまりに、一日に何回も洗顔しようと考える人がいますが、それはあまり賢い方法ではありません。
返って刺激を受けてしまい、ニキビの荒れがさらにひどくなることがあります。
ですから、思春期は確かに油が分泌されやすい時期ではありますが、よく考えて肌をきれいに保ち、過度な洗顔を避けることである程度はカバーすることができるのです。


このページの先頭へ