簡易的

ニキビの詳細

ニキビは本当に頭を悩ませるものの一つです。
思春期の時も、大人になってからもニキビができると憂鬱な気持ちになり、人と話す時も視線が気になってしょうがなくなります。
では、どうしてこのやっかいなできものができるのでしょうか。
そもそもニキビって何なのでしょうか。

簡単に言えば、毛穴が詰まってしまって、皮脂が中に溜まってしまうことです。
そうすると脂が外に出られないので、白くなったり、炎症をおこしたりするのです。
大きく分けると、三つに分かれます。

一般的なのが、白ニキビです。
これは毛穴が詰まってしまい、脂が中にいて外に出てこられない状態です。
つまり、白くなったもので、つぶすと膿が出てきます。

次に、黒ニキビです。
これはニキビの先端が酸化することで黒くなります。
つぶすと、中からこりこりした芯がにょろっと出てきます。

最後が、赤ニキビです。
白、黒が悪化した状態で、肌が炎症を起こします。
こうなると痕になる可能性も高いですし、悪化すると面倒ですので、すぐに皮膚科にいって相談するのがベストであると言えます。

このように、一言でニキビといっても種類があり、原因が異なりますので、それを理解したうえで対策することが大切です。
正しく処理できれば大きな問題になることはありません。


このページの先頭へ