簡易的

思春期ニキビの原因って?

学生の頃に多くの人がニキビで悩まされていたはずです。
しっかりと洗顔でケアしているはずなのに、赤い大きなニキビが顔にできる、これほど悲しい事はありません。
では、どうしてケアをしているのにもかかわらず、思春期にはたくさんのニキビができてしまうのでしょうか。

一つ目の理由は、根本的な原因が汚れではないからです。
思春期ニキビは、子供の体が大人の体に変化を遂げようとしているがゆえに、ホルモンのバランスが崩れ、できるものです。
ですから、根本的な原因はホルモンバランスであり、汚れではありません。
いくら洗顔してもどんどんニキビができてくるのはこの理由によります。

二つ目の理由は、過度な洗顔です。
ニキビに敏感であるがゆえに、ケア用品に目が行くようになります。
そうすると、正しい使い方を知らずにどんどんケア用品を使うので、それが悲惨な結果を招きます。

脂が原因であるならば、とにかく洗わないといけないということで、ガンガン洗顔をすると、余計に肌が刺激を受けて、バランスを崩し、脂を分泌します。
刺激と脂の分泌には密接な関係があるのです。
これにより、ニキビがさらに増え、悪化します。
このように、思春期ニキビは、ホルモンバランス、無知なケアにより、悪化する恐れがあります。


このページの先頭へ