簡易的

思春期に出来るニキビ

学生の頃に、たくさんできるニキビに悩まされることがあったはずです。
それがまさしく思春期ニキビと呼ばれているものです。
ではどうして思春期の一番多感な時期にそういったものができるのでしょうか。

思春期は分かりやすく言うと、大人と子供の間です。
つまり、体においても少しずつ大人になろうとしているわけです。
そうするとホルモンのバランスが崩れます。
それが肌に現れるようになるのです。

このニキビの場合は、時間が解決してくれます。
大人になるまでそのままにしておけば、少しずつ治っていきます。
しかし、ケアはしてあげることが大切です。
特徴として皮脂がたまり易いTゾーンにたくさんできます。

ですから、余分な皮脂を意識的にきれいに取り除いてあげることが求められるのです。
そのためにできることの一つが洗顔です。
といいますが、過度な洗顔はNGです。
赤ニキビの場合は刺激を与えると状況は悪化します。
ですから、毎日二回だけの洗顔で十分です。

顔をこすらずにしっかりと泡立てて、泡で汚れを包み込むように洗顔します。
そして、潰さないことです。
つぶせば早く治るなんてことを聞いたことがあるかもしれませんが、思春期ニキビは潰すと悪化するものがほとんどです。
気にせずにそのままにしておくのがベストです。


このページの先頭へ