簡易的

ニキビは潰す事はNG

ニキビにとって一番してはいけないことがあります。
それが刺激を与えることです。
刺激を与えることで炎症しだします。
そうすると手が付けられない状態になることがあるのです。
ですから、できればニキビは潰さずに治すのが最善です。

とりわけ思春期にできるものに関してはそういえます。
思春期にできるニキビは赤くなっているものがほとんどです。
この状態で潰そうとすると悪化して痕になることがほとんどです。

しかし、大人になってからできるニキビに関しては、潰しても大丈夫な時もあります。
100%ではありませんが、黒ニキビの場合は、潰しても肌に大きなダメージはありません。
黒ニキビとは、皮脂の先端が酸化して黒くなっているものです。
よく鼻の頭がこうなっている人を見かけることがあるかもしれません。

この場合、詰まっているだけで外に出られる機会があればいつでも出たいと考えているのです。
ですから、潰してあげると、こりっとした芯と共にニキビがきれいに出てきます。
痕にもならずにスムーズに取り出すことができます。
もう一つ白ニキビもあるのですが、皮膚を傷つけるのでやはり潰すのは避けるのが賢明です。
このように、赤、白は触るのすら避けた方がよい、黒は潰してあげても大丈夫と、種類によって接し方が異なることを覚えておきましょう。

このページの先頭へ