簡易的

内臓の不調が原因のニキビ

ニキビは熱が溜まり、そこに皮脂が溜まります。
そうすると発生する疾患です。
中国では食べ物を、熱を上げる食べ物と熱を下げる食べ物の二種類に分けます。

熱を上げる食べ物を食べると、ニキビができると考えられているので、そういったものをたくさん摂取しないようにと勧められます。
これは漢方からの知識となっているわけですが、加えて、ニキビが出来る位置からも体のどこに原因があるかを知ることができるのです。
髪の生え際、こめかみに、急にニキビが出来ることがないでしょうか。
ぽちっとある日突然できます。

これは内臓の中でも胃腸に原因があると考えられます。
朝起きて白湯などをのみ、胃腸を活発にしてあげることが大切です。
急激に冷えたもの、熱いものなどを避けることが大切です。

またたまに、頬にできるものもありますが、これは肝臓が原因といわれています。
肝臓は様々な毒素を分解してくれる非常に大切な臓器です。
しかし、毎日働くことからダメージが蓄積されます。
できればお酒を控えるなどして少し肝臓を休ませてあげるならば、状況の改善を見ることができます。

このように、の場所によって内臓のどこにダメージがあるかが分かります。
内臓の不調をニキビで知ることができます。

このページの先頭へ