簡易的

ニキビのメカニズム

ニキビを正しく治すためには、どうしてできるかを理解することが大切です。
メカニズムを知れば、それに伴い対策することができます。
まず、毛穴から普段は毛が生えているわけですが、角質が固くなることで毛穴の入り口が塞がれます。
そうするとそこに皮脂が溜まっていくのです。

そうすると、塊ができてしまいます。
それがニキビの芯となるコメドと呼ばれるものです。
これでニキビの基礎が出来上がりました。
ここから種類が変わってきます。
ぽつんと頭が白くなったものを白ニキビといいます。

そのまま汚れが付着して、コメドの先端が黒く酸化して変色したものを黒ニキビといいます。
そして最後が白・黒を放置しておくと周りが炎症してできる赤ニキビです。
これが炎症をともなった一番ひどい状態になったものです。
これに関しては、刺激を与えないのが一番いいです。

刺激を与えると状態が悪化して、痕に残ることもあります。
ですから、皮膚科の先生にどう対処するかを相談するのが賢明です。
ニキビを解決するためには、このメカニズムを覚えておき、皮膚を清潔に保ち脂が溜まらないようにしておくこと、そして悪化しないように間違った対策をしないことが大切です。
刺激すると悪化してしまうということを覚えておきましょう。
大人ニキビはあごにできやすいという特徴があります。
普段の生活の中でニキビが出来にくい生活を心がけたいですね。

このページの先頭へ