簡易的

ニキビ跡を綺麗に消す

ニキビは一度になってしまうとなかなか治りきりません。
クレーターのようになってしまいます。
この状態を防ぐためにはこうなる原因を理解する必要があります。
まず、一度ニキビができただけではこの状態にはなりません。

ようするに、何度も同じ場所にできることで、そこが炎症を起こします。
そうすると、それが肌の組織の下の方まで傷つけてしまい、怪我をしたのと同じような状態になるのです。
そうなると、たとえハレが引いたとしても、その痕はずっと残ってしまうというわけです。
このニキビ痕を作らないためには、まず、潰さないということが大切です。

組織を傷つけてしまう原因の一つが自分で潰すということです。
そうすることで、皮膚の組織が死んでしまいます。
ですから、ニキビができても絶対に潰さずに、上手にケアしていくことが大切です。
そうすればガタガタの肌になることは避けることができます。

またもうすでにニキビ痕ができてしまっているという場合は皮膚科に行き相談することでレーザー治療などの処置をとることができます。
それで、痕をきれいにできるのです。
皮膚科、整形外科の技術は日に日に進歩しているのであきらめずに尋ねることが大切です。


このページの先頭へ