簡易的

ニキビは跡が残る理由

ニキビができたときに気になるのが、どれほど目立つかといった点ですが、さらに気になるのはそれがそのあと痕になって残らないかという点です。
実際に有名人で、テレビでよく見かける人の中にも、ニキビの痕が残ってしまっている人が少なからずいます。
では、どのようにそのような状況を防ぐことができるのでしょうか。

それは正しいケアです。
一番してはいけないのが、潰すという行為です。
ニキビにも種類がありますが、赤ニキビの場合、もし潰そうと力を入れると更なる刺激が与えられ、症状が悪化してしまいます。

ですから、赤ニキビの場合は絶対に潰してはなりません。
深い傷となってしまうと、そこがクレーターになってしまうからです。
もし赤ニキビで気になるのであれば、自分でケアするよりも皮膚科に相談が一番賢い選択となります。

皮膚科であれば医薬品を渡してくれますし、自分の皮膚に合った薬を提供してくれます。
こういった点を考えると、もしひどいニキビの場合は、皮膚科に行くのがベストです。
痕が残るとレーザーなどの手術でしかそれがとれなくなってしまいます。
それには時間とお金がかかりますので、そうならないように気を付けて上手にケアするようにしましょう。

このページの先頭へ